中学受験で勝利をつかむ!効率的な勉強法を知ろう

競争意識を持って中学受験に挑むと、偏差値はアップしやすい

効率を考えて勉強する

名古屋で中学受験を考えている学生、その親御さんは偏差値アップのためにどんな勉強法があるかご存知でしょうか。やみくもに勉強するのではなく、効率を考えて勉強すると偏差値も上がりやすくなりますよ。

偏差値アップのための勉強法

復習中心で行う

家庭で勉強する場合は、復習中心で行い覚えたことを定着させるのが重要です。勉強したことを覚えなければ、次のステップにも進めません。だいたい予習3割、復習7割で勉強すると良いでしょう。

国語は読解力を身につける

中学受験の問題では、長文読解に高く配点されているので、読解力が無いと点数が低くなってしまいます。読解力を上げるためには、ただ読書をすればいいわけではありません。問題を理解する力を身につけ答えを見つけられるようにする必要があります。

算数は基礎学力を上げる

算数は偏差値が上がりにくい科目の1つです。偏差値を上げるには、基礎学力をアップさせるのが最も重要です。算数の場合、基礎ができれば応用問題も苦労せず解けるようになります。また、ケアレスミスをしないように注意する力も身につけたいですね。

社会はいかに暗記できるか

社会は暗記することが大切でしょう。覚えている知識が多いほど有利になります。歴史の場合、年号や起きた出来事・なぜ起こったかを理解しましょう。地理は地域などを覚える際、地図も併用して覚えると効果的です。公民は政治経済の流れを把握し、基礎を徹底的に覚えましょう。

理科は暗記だけでなく計算力も必要

理科の場合、暗記だけではなく、計算問題での思考力も必要です。理科の勉強をするなら、まずは暗記から入ると効率的でいいでしょう。計算問題は算数と同じく、最初に基礎を固めるのがおすすめです。

中学受験で勝利をつかむ!効率的な勉強法を知ろう

学生

良いライバルを見つけるのも大事

偏差値が高い子供に共通して見られるのは、競争意識の高さです。中学受験では、強いライバルに勝ちたいという意欲が大切になってきますが、競争意識をもつことで偏差値アップにも繋がりやすいのです。そこで、塾に通ったりしてライバルと言える存在を見つけるといいでしょう。

勉強の優先度を考える

勉強する時には適当に進めていくのではなく、苦手科目から勉強するといいでしょう。基礎学力が低いものから勉強することで、偏差値が上がりやすくなるのです。中学受験の問題であれば、基礎さえしっかりと身につけていれば7割ほど正解できます。苦手科目を減らすほど、合格率アップにも繋がりやすくなります。

偏差値が上がる時期は2回もある

基礎があまりできていないところからスタートすると、基礎が身についたことで偏差値が一気にアップします。その後は、なかなか偏差値が上がらずに焦ってしまうかもしれませんが、諦めずに応用力を身につけるために勉強し続けましょう。だいたい半年~1年くらいで応用力が身につき偏差値が上がります。

塾に通うのも効果的

自宅でなかなか勉強できない子は特に塾で勉強するといいでしょう。自宅では、分からない問題があってもすぐ聞くことができませんが、塾なら先生が分かるまで教えてくれます。また、塾によっては中学受験に特化して勉強を行うコースもあるので、効率的に偏差値を上げるには最適でしょう。

広告募集中